投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

いろんな顔

イメージ
最近、朝仕事に行く前に
「今日は早い?遅くならないでね」と、
3歳の長男に釘を刺されます。

 「パパもね、仕事なんだよ~」と、いい訳をしますが、
 なんとも言えない気持ちです(苦笑


 しかし、玄関を出れば、すぐ仕事のことを考えているのも事実です。

 どこで切り替えているのかは無意識なのでわかりませんが、
 家庭での自分と、仕事の自分を使い分け(演じ分け)ているようですね。



いま、夏季ゼミナールという病院行事まっただなかです。

初日の特別講義では、 自分のほうからお願をして、
患者さんのAさんに自分の経験をお話して頂きました。

急性期病院での壮絶な経験、そして回復期リハ病棟での話、
 就労に至るまでの体験について、話をしてくださいました。

 無事に終わり、帰り道、
 「Aさんだからこそできた講義です。本当にありがとうございました。」とお礼をいうと、
 照れた様子で、Aさんは、「人の役に立つっていいもんですね」と言って下さいました。

そのとき、自分は、いままでみていたAさんとは違うなと感じました。

 そして、自分はこれまで、こういうAさんをみていなかったことにも気がつきました。



 夏季ゼミでは、学生さんに対象となる患者さんの情報収集をしてもらい、
疑問をもちながら、深めていくという作業をしてもらいました。

自分の見ている視点からだけの情報や推測は、 誤った先入観が入ってしまうことがあり、
 いろいろな場面での対象者の方の情報を得ていくことの重要性を
 一緒に学ぶことができました。

だれでも、仕事の自分、家庭の自分、友人仲間のなかでの自分
 というように、いろんな顔をもっているし、
どれも、まぎれもない「自分」なんだと思います。

 一人の人でも、いろんな顔を持っている、
 どんな顔を持っているのか?


いま思えば、あたりまえのことですが、 これまで、見落としていたかなと気がつきました。


 いろんな角度から、その方を知ろうとすることを
改めて、大切にしていきたいなと思いました。






自分でも、
こどもには 見せない顔もあるし、見せたい顔もある。

「パパも仕事頑張っているよ」と言って、
 胸を張って、家を出たいなと思った、今日この頃でした。