スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

第22回日本作業療法教育研究学術集会で発表してきました。

丸山です。転職しました。新規病院が開院して2週目になります。

第22回日本作業療法教育研究学術集会(@首都大学東京)で、初参加ながら、演題発表させていただきました。

テーマは、「作業療法学生に対する診療参加型の臨床実習教育におけるリフレクション・シート援用の試み」でした。





学会テーマは「臨床教育のあり方」でした。

自分のテーマも臨床教育なので、この学会、特に今回のテーマにピタッとフィットしているかな?と思い、思い切って演題の申し込みをしました。

発表はフラッシュトーク(各個人3分ずつ)とポスター発表という形式でした。

大先輩のOTRとディスカッションできて、とてもエキサイティングな時間となりました。
だいぶ時間も延長してしまっていましたが、あっという間に感じました。

また、翌日も貼ってあるポスターの前で、いろいろと質問やご意見いただけて、いままで行ったポスター発表の中で一番フィードバックをもらえたと感じました。


この事例研究に関しては、勧めもあり、今後、論文化に取り組んでいきたいと思っています。(臨床家による臨床教育の原著論文や事例報告は少ないようです)


今回は以下のような論文を参考にしました。
1)社団法人日本作業療法士協会養成教育部: 作業療法臨床実習の手引き, 第4版. 社団法人日本作業療法士協会, pp.8-9, 2010, http://www.jaot.or.jp/wp-content/uploads/2012/08/rinshoujisshuVer.422203251.pdf,(accessed2017-9-3). 2)村田和香: OT学生は臨床実習後にどのように職業的アイデンティティを高めているのか. OTジャーナル 43(3):217-222, 2009. 3)The World Federation of Occupational Therapists: Minimum standards for the education of occupational therapists. 2016, https://www.mailmens.nl/files/21072349/copyrighted+world+federation+of+occupational+therapists+minimum+standards+for+the+education+of+occu…