投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

やってみなくちゃわからない(試行錯誤)

もう3月も終わろうとしていますね。

昨年育児休暇をもらって、ちょうど1年がたちます。


息子ももうすぐ2歳になりますが、こどもの成長って早いなぁと感じています。

いつの間に??


どこで覚えたんだ??


ということがよくあります。



こどもがいろんな経験を通して、変化している姿をみるのはとても楽しいです。








さて、最近、学んだことがありました。





ある患者さんの退院前指導ということで、入院担当の作業療法士と、自分(在宅担当の作業療法士)で一緒に自宅へ伺いました。



入院担当の評価では、病院ではお風呂もできているし、これならなにも使わなくてもできる。という判断でした。


たしかに、自宅でもなんとか自力でできそう、でした。



そして、退院して、自宅へ帰ってみると、


一人で入ってみたけど、なんとかできたが、怖かった。そしてそれを家族に言ったら、
なんで一人で入るんだと怒られた





というのです。






その後、訪問リハで関わっているので、福祉用具を試してみるということで調整に入りました。





やはり病院では、あくまでも想像で、


退院前の指導でも、あくまでも想定で、


実際にやってみてわかることというのは、


とても説得力があるし、本人や家族にとってもそれがスタートになるということを

痛感した事例でした。





また、

その方は、入院担当にも、家族にも、「自転車はダメだ」と言われていたんですが、

こっそりやってみたそうです。




でも、家族に言うと怒られるから、言わないそうです。






・・・ちなみに、やってみて、まだ怖いからやらないという気持ちになったそうです。







ある方は、自宅での歩行は危険だから、這って移動してくれと、入院担当や家族につよく言われていた方も、



こっそり、自宅の階段を昇ってみた


(結果、昇れたが降りれなくて家族に手伝ってもらった・・・)




というエピソードや、






とある方は、家族には内緒で、こっそり車に乗ってみた






というエピソードを聞きます。








いずれも、言うと怒られるから(やってみることができないから)




とおっしゃいます。









つまり、退院して、さあいよいよ自宅での生活がスタートだ

というときに、



多かれ少なかれ、以前とはちがう自分がどれくらいできるか、



やってみる(試行錯誤)をしたいと思うのは自然なことです。





しかしながら、これは危ないからダメ、これはできないだろうからダメ




と、専門家(医者や作業療法士など)や…