夏の行事で生活を彩ろう!

先週は、患者さんと電車の利用の練習をしました!!





患者さんからひと言・・・






「涼しいから降りたくないですね(笑)」









そうです、


山梨はとにかく暑いんです!






学生の頃、原付で走っていたら、


気温が40度近くあり、走ると熱風がきて暑かった想い出があります。。。









さて、当院の外来作業療法では


いろいろな作業を提供させてもらっています。




毎週火曜日の男の料理教室では


若い数名の患者さんで行っていて



オレンジページ(家事の便利雑誌)を参考にして、


自分たちでつくるものを決め、材料を用意してきて作って食べて帰っています。




だんだんつくるものも凝ってきて、



2ヶ月くらいで


いつのまにか一人暮らしができるくらいのお力をつけていらっしゃいます。



そして、他の方も交えて仲よくなったり、



職員には言えないような愚痴や相談もしているようです。





そして今週末は数名でビアガーデンで飲み会だそうです。(ぼくも誘われています)





8月の花火大会にも参加するそうです。








病院に勤務する一作業療法士として、



限界を感じつつも、



夏らしい作業を



仲間と楽しもうとしている方々と






一緒に楽しみを共有できて、とても嬉しいです。









「患者会」ってこういう雰囲気からできるのかな~と、ふと思いました。









日本には四季があります!




特に夏の行事は、非日常性に溢れた(ハレの)作業が沢山あることに気づきました!!



行事について、作業の視点では、

「行事には季節があり、一年間や人の一生という流れに節目をつけるという機能があります。平凡な日常から少し離れて、特別な場所、特別な支度、特別な作業をする中で、生活や人生が彩られていくのです」
(吉川ひろみ:作業って何だろう、医歯薬出版 2008、p31-32より引用)





行事などの非日常的な作業は、特別な経験として個人の人生を彩られていくんですね!








ただいま外来作業療法では、レジャーや行事に関する情報を集めています!





ぜひ、夏らしい作業、夏の行事で生活を楽しみましょう!


コメント

匿名 さんのコメント…
丸山さんの実践力に感激。
messaged by idrg
丸山祥(作業療法士) さんの投稿…
匿名さん>
有難うございます。
少しでも意味のあることができればと、日々奮闘しています。
これからも多くの叱咤激励を宜しくお願い致します。