勉強会の参加報告:スタートアップ!人間作業モデル

僕は今回の勉強会を通して、人間作業モデルは、普段自分たちが取り組んでいる「作業療法」とはなにか?そのルーツにはなにがあるのか?といった作業療法の本質を捉え直す意味でも、とても重要な理論だと改めて学びました。





先週末に「スタートアップ!人間作業モデル」という内容の、臨床実践に役立つ理論研究会主催の勉強会に参加してきましたので、その備忘録として書きます。


人間作業モデルを発表したキールホフナー先生は、作業療法の歴史研究においても論文が評価されていると言われています。

キールホフナーは、トーマス・クーンのパラダイム理論を使って、作業療法の歴史が前パラダイムから作業パラダイム、機械論パラダイム、途中に危機を経つつ、現代のパラダイムに移行していくことを示しました。


ライリーは、作業行動理論を提唱して、その後の人間作業モデルや作業科学へと影響を与えたと言われています。


僕はクリニカルリーズニングに興味があるので、このあたりの歴史は非常に興味深く思いました。


人間作業モデルは、第5版まで出版されています(現時点では日本語版は第4版まで)。
初版の人間作業モデルの日本語版が発刊されてから、約30年が経とうとしています。日本語版のツールもいくつも出版されています。

最近では、人間作業モデルの日本の事例集も出版されました。
理論書とツール、事例本と、これだけの臨床と実践をつなぐ手掛かりが用意されています。



人間作業モデルを起点に、臨床家でいろいろな議論をするのも面白いかもしれないですね。

僕自身も、人間作業モデルの事例報告を初めて投稿しているところで、初学者です。

作業療法士人生に、人間作業モデルがあるというのは、先人たちの哲学を感じ、臨床を考えるためのよいお供になるなと思いました。


最後まで読んで下さりありがとうございました。

コメント