試して合点!

約1ヶ月ぶりに、このページに向かいました。


日々充実していて、なかなか立ち止まることができていなかったように思います。




先日は、男女共同参画委員として、中央市の与一公祭りに参加し、

男女共同参画ソングを舞台上で踊り(なぜかセンターで焦りました・・・)、


アンケートボード活動をしてきました!





舞台の上は、とても恥ずかしかったのですが、

逆に、開き直って、この男女共同参画の活動を頑張ろうと思えるようになりました!










さて、

日々の作業療法では、



発見の連続です!





訪問リハビリで学んだことですが・・・




入院中に歩行は危ないからと、

退院後の自宅生活では這って移動するということになった


90代の男性は、



退院して数日後に、



ちょうど家族が家から離れる時間が30分ほどできたとき、






2階まで登って行ったそうです!







家族もスタッフもビックリで



本人いわく「家族がいるとできないから、いない隙を狙った」とおっしゃっていました




なかなかやるな~っと驚いたのですが、




「また登ろうと思いますか?」と聞いてみました。


すると、


「いや、もう登るのはしない。大変だった。」




とおっしゃったので、ホッとしました。



そして、




「自分の力を試してみたかった」


とおっしゃっていました。






この方は、病院職員からも、ご家族からも




「危なから駄目だよ」と何かにつけて、よく言われている方でした。



もちろん心配されてのことなのですが、





活動を制限されることが多かったようです。





本人からすれば、

せっかく退院したんだし、


どれくらいできるか、自分の力を試してみたいな~っと思うのも



とてもわかる気がしています。





「もう、あぶないから柵でも囲ってしまおう」なんて言われかねなかったのですが、



ご本人の経験・感想を聞くことができて、



みんな「そうだよね」と、納得できました。





「試して合点(ためしてガッテン)」って大事なんだな~っと学びました。














以前、後輩の作業療法士から


「患者さんが退院後の生活イメージをもててない」と



言われたことがありました。



うーん・・・





いろいろディスカッションしているうちに、





最近では、

生活イメージは患者さん自身がつけるもので、


わたしたちは、その機会をサポートする側として、十分提供できているのだろうか?


ということを言っていました。








もし、



あなたはどんな生活がしたいですか?



これからどんな人生を送りたいですか?





と聞かれたら、なんて答えるでしょうか?








答えはあなた自身にしかわからないものです。


しかし、



なかなかイメージすることも難しいものであるようにも思います。







興味を持ったり、自分の力を知るために


いろいろ試したり、


ときに失敗したり、




いや、むしろ、うまくいくことのほうが少ないのかもしれませんが





紆余曲折しながらも



なんとなく、いろいろ試しているなかで、



自分なりに折り合いをつけて



自然と方向づけられていくものであるようにも思います。







だから、自分で「試して合点」する機会はとても大切なんだと思います。








もし、自分の生活や人生について立ち止まって考えたときには、


ぜひそういうときこそ、



頭だけで考えて、決め付けるのではなくて、



「試して合点」を大切にするといいんだろうな~っと思いました。








そういう意味では、



作業療法は、


新しい生活へむけて、いろいろな「試して合点」ができる


いい機会であると思います。







あなたらしい人生の第一歩として、


「試して合点」


できる機会と、


作業についてのアドバイス等によって



お役にたてればと思っています。





コメント