「左手一本のシュート」田中さん講演お知らせ

いつかこの本のことは書きたいと思っていました。



外来患者さんに教えてもらった本です。






この本の主人公である田中さんが、11月5日(土)に山梨に講演に来ます。



外来患者さんにお伝えすると、ぜひ行きたいとのことで、

職員と患者さんとで一緒にいこう!と話がまとまりました!




他の外来患者さんもぼくの本を借りて読んでくると言っていました。








ぼくらは、目の前の患者さんから教えて頂くことが沢山あります。




患者さんも他の患者さんから学ぶことが多いと感じているようです。







ぼくらは、互いに成長している途中のようにも思います。




自分の未熟さ、不足を感じながらも、




一緒に、ともに生きる術を学んでいきたいと思います。








ぜひ興味のある方は・・・






以下、主催(笛吹市)からのご案内です。

講師の田中氏は、県立日川高校入学直前に脳出血で倒れ、「二度とバスケットボールはできないだろう」と宣告されました。しかし、常に前向きな気持ちを失わず、右半身麻痺から復活し再びコートに立つことができました。
このことは、ノンフィクション『左手一本のシュート』にて描かれています。
申し込みは不要です。どなたでもご参加できます。

■日時
11月5日(土曜)
午後7時30分~午後9時
■場所
いちのみや桃の里ふれあい文化館
■講師
田中正幸氏
■主催
笛吹市青少年育成推進協議会
■問合せ先
笛吹市教育委員会生涯学習課
TEL:055-261-3339







以下は、本の紹介です。



死の淵から生還。バスケ少年の復活シュート

希望あふれる高校入学式の3日前。県下No.1のバスケット選手・田中正幸15歳を、脳動静脈奇形による脳出血という悲運が襲った。もうバスケットは無理…その宣告を覆し、正幸は絶望の底で夢を心に誓う。「再び試合のコートに立ってみせる!」。そんな夢が、そして強い意思が、驚愕の復活を生んだ。
高校3年最後の試合。残り3分32秒。悲願の試合に出場コールされる。まだ麻痺の残る走り。右手は上がらない、利き手ではない左手一本だけでシュート。見事きまった! 泣き崩れるベンチ、チームメイト、相手チームの応援席までもが割れんばかりの拍手を送った。そうして、チームの夢、インターハイ出場の切符をも掴んだ…。
本書はこの、1167日に及ぶ涙の軌跡である。
家族、仲間、医師、チームの顧問、学校の先生…みなが一丸となって、「正幸をコートへ」という夢の実現に向かった。彼の言葉が胸に響く。
―――あの出来事は、僕が周りの人に支えられて生かされていることを忘れないために、神様が僕にくれた贈り物だって思っています―――

コメント

丸山祥(作業療法士) さんの投稿…
Youtube→http://www.youtube.com/watch?v=packZfRvJmo

インタビュー→http://www.shogakukan.co.jp/pr/hidariteippon/movie.html